HOME > シミの原因

紫外線から皮膚を守るメラニン色素

皮膚の表皮表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」と表皮の一番下の基底層にある
「メラノサイト(色素細胞)」などから成っています。
紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になってメラノサイト内でメラニン
という色素が生成されます。それがケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から細胞核を
守ります。
黒い傘で紫外線から守っているイメージです。

皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」
を繰り返しています。
基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面からはがれていきます。
アカがはがれ落ちるようなものです。
なので紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞と
ともにはがれ落ちます。

シミの原因はターンオーバーの乱れ

さまざまな原因でターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ると28日ではがれ落ちる
はずのメラニンもそこに沈滞して上がってこれず、「シミ」となってしまうのです。

ターンオーバーの乱れる原因

28日のサイクルのターンオーバーはさまざまな原因で乱れて、お肌のトラブルが
起こります。

@紫外線の当たりすぎ
A加齢
Bストレス
C睡眠不足
D不規則、偏った食事
Eホルモンバランス
Fお肌に合わない化粧品の使用

環境によって色々な原因が重なり、現在のお肌を作っているのです。

▲ページトップに戻る