HOME > シミの予防

まずは紫外線対策

シミはホルモンやストレス、紫外線にあたるなどの環境にも大きく左右され、
個人差があります。
1つのシミが広がっているばかりではなく、重なっている場合もあり、濃いシミが深く
残っているとは限らず、表面的には薄くてもシミの改善に時間がかかる場合もあります。


代表的なシミである日光黒子の主な原因は紫外線ですが、肝斑や炎症後色素沈着も
紫外線によって悪化したりします。
紫外線は春先から夏にかけて強くなりますが、家の中にも入ってくるので対策は常
に考えておきましょう。

紫外線は一年中降り注いでいます。
常に日焼け止めでお肌を守ることは大切です。

正しいスキンケア

紫外線をカットするには、日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗る。
そして保湿をする。
お肌が乾燥していると、バリヤ機能が衰えて紫外線などの影響を受けやすく
なってしまいます。

ファンデーションやメイクなどは汗で流れにくいものが出回っています。
夜はクレンジングで必ず落としましょう。
ファンデーションやメイクを落とさずにいると、お肌の中で酸化してお肌の
トラブルの元になります。

クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシ洗わないように。
優しくマッサージしてぬるま湯で洗い流します。

毎日使うスキンケアはお肌に合ったものを選びましょう。

日々の積み重ねが現在のお肌を作っています。
日頃の紫外線対策、お家でのスキンケアなどが大きくお肌に影響します。

ビタミンC、Eなどを摂る

お肌に良い食事をバランスよく取ることも大切。
・メラニン色素の生成を抑えるビタミンCは意識して摂る。
ビタミンC・・柑橘類、イチゴ、ブロッコリー、アセロラなど。

・抗酸化作用のあるのがビタミンE。
ビタミンE・・胚芽米、サケ、ナッツ類など。

ストレス、睡眠不足は美肌の敵

たばこやストレスは活性酵素を増やしメラニンの過剰生成を招きます。
ストレスはホルモンのバランスを崩し、肝斑の原因になることも。

夜10時から2時の間が睡眠中の美肌を作る時間です。
寝不足はお顔に出ますのでお肌には大敵。心穏やかに質の良い睡眠をとりましょう。



▲ページトップに戻る